読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「せどり」について

ども!

 

今日も家でテレビを見ながら執筆しております。

 

今回はアメーークの大谷翔平好き芸人です。

 

あまり真剣に見ていなかったのですが最後に高校時代に書いたという目標というか予定表が凄かったです。

 

 

人生が夢をつくるんじゃ無い

夢が人生を作るんだ!

 

 

こんなの高校生で言えませんよー(笑)

 

更に年齢毎で達成すべきことを書いていました。

 

 

さすがですね

 

 

一流になる人間って若い頃から考え方が一流なんですよね

 

 

出典は不明ですが

 

大器は晩成では無い

大器は早生だ

 

 

真の大器というか一流になるには幼少の頃から

努力を続けて常にその世界でトップ集団にいることが

必要。

 

もちろん稀に遅咲きの人間もいるがやはり一流と呼ばれる人間のほとんどは

子供の頃から優秀だそうです。

 

優秀であればこそ最高の環境で揉まれていいライバルにも

恵まれ、成長することができるんでしょうね。

 

 

そう考えると子供の頃にハッキリと分かる才能があって

それを周囲の人間に見出され、その才能を伸ばしてくれる

環境を与えて貰えるというのはある意味、運なのかなー

と思ったりします。

 

なんてことを

言ってる間に日曜日が終わってしまうー(笑)

 

では

今日はいわゆる「せどり」について書いて見たいと思います。

 

 

サラリーマンの副業として結構メジャーなのではないでしょうか。

 

副業を考えた人なら一度は目にしたことがあると思います。

 

当然ながら私も

せどりってスゲーーーー!

 

と考えた一人です。

 

 

せどり」とはご存知の方もいると思いますが、簡単に説明しますと店舗やネット上で安く買って同じく店舗やネット上で

高く売るという行為のことです。

 

転売とも言います。

 

 

ネットではせどりで月10万円稼ぎましたー

 

なんていう情報が溢れております。

 

そんなに儲かるんだ!

と早速興味津々で調査を開始しました。

 

そこで私なりに分かったことを書きます。

 

まずは仕入れをする方法が2つあります。

お店かネットです。

 

お店ならば安売り商品などを上手く書います。

ネットも安いお店やタイムセールなどでこちらも安く書います。

 

次に上記で仕入れた商品を販売する方法です。

 

これは主にヤフオクかアマゾンです。

 

 

まあ

 

シンプルに安く買って高く売るということです。

 

これはそもそも商売の基本ですね。

 

 

世の中の企業は大なり小なり同じことをしています。

 

よく考えたらこれを個人で行うだけのことなのでとても簡単なことですね。

 

ただ昔はネット環境が無かったので個人でこういう商行為を行うことが難しかったのですが今はいい時代です。

 

 

こんな風に書くとイージーに感じますが

実際はどうなのでしょうか。

 

次回

その辺りを書いてみたいと思います。

 

 

では!